会社案内・IR情報

地域密着で取り組む住宅メーカー。
安定した経営と確かな家づくりを続け、
快適な住まいを提供いたします。

東宝ホーム 本社会社案内・IR情報社長の月刊Blog
令和4年6月10日 大河への道
月に2回ほどのペースで映画館に足を運ぶ。
漆黒の暗闇、胸に迫る音響、その映画に没頭できる。
考えてみると没頭できる空間や時間の環境はあまり無いように思える。
演劇や映画は限られた時間自分を忘れることができ、その画面の中に入ってしまえる唯一
の没頭アイテムのように感じている。
音楽のライブなども同じようなのであろうが、その方向の趣味も経験もないので、もっぱら
映画時々演劇が自分の趣味といえるものであろう。かといって深い見識もないので、良かっ
た、面白かった、面白くなかった程度の評論しかできない。
高校時代は、吉永小百合の学園物映画に夢中になり、吉永小百合の恋人役が自分であるような
高揚感で映画館を出たものである。
『男はつらいよ』のふうてんの寅さんの様ないつも片思い、相手は天下の吉永小百合で
あるので、当然と言えば当然なのであるが、映画館を出た時は小百合の恋人、少し経てば
相手は雲の人。
まさに片想いの 車 寅次郎 そのものであった。
先日の休みも二日間連チャンで映画を観た。
『トップガン』ともう一つは『大河への道』
大河への道は、ぜひとも観ていただきたい映画です。
アカデミー賞で有名になった『ドライブ マイ・カー』よりも数段面白い。
映画のエンターテーメント性なども考慮に入れると私は『大河への道』に軍配を上げる。
内容は、千葉県香取市の観光産業アップのために地元出身の伊能忠敬を売り出そうとする
場面より始まり、売り出すための手段として、NHKの大河ドラマに『伊能忠敬物語』を取
り上げてもらおうという内容である。
日本地図を完成させたのは伊能忠敬が死んだ後なので、完成日と死亡日のつじつまが合わ
ない所から、劇が展開し、笑いあり、涙あり、少しハラハラする場面あり、テンポもよく、
出演者の演技力も秀逸。
中井喜一、北川景子、橋爪功、松山ケンイチ、平田満、西村としひこ、
演劇であればスタンディングオベーション、間違いなし、カーテンコール3回はあるはず
の映画です。
是非とも劇場で鑑賞してもらいたいと思っています。
尚、原作は落語家の立川志の輔さんです。
2022.06.10 11:07 | 固定リンク | 未分類
令和4年5月21日 3代目 キャリー
以前犬のことをブログに書いた記憶がある。
私の周辺にはいつの年代にも犬がいた。猫も好きであるが、やはり犬の方がよい。
本当に犬好きだと思っている。

今飼っている犬種は、キャバリアです。この犬種3代目。イギリス原産で、名前はキャリー。
幸せを運んでくるように『キャリー』と命名。前2代の犬名もキャリー。
愛嬌は超一流、喧嘩はしない、平和主義者、体重8キロ、甘え上手です。
飼い主は年を取るほどに犬に対しても甘くなるのか、昔に比べると犬への待遇がよくなっ
てくる
今までの犬は、玄関の土間で飼っていたのであるが、今のキャリーは2階のリビングに少し
大きめのゲージを購入し、人、犬一体の空間で飼っている。
ゲージの中からいつも私の顔をじっと観続けている。懇願する顔に負けて、ゲージの扉を
開けてしまう。喜んでリビングソファに飛び上がり、じゃれつく。
家内は絶対にゲージの扉を開けないので、家内の顔は見ない。
落としやすい私の方だけ注視するのである。
それが私にとっては今一番の癒しになっている。家内が毛の取り除きなどやってくれてい
るが、たぶん汚れまくっているのではと思っている。
また、部屋で飼っているので獣臭もあるのではと懸念するが私たちには分からない。
さらに、散歩である。
毎日3回外に連れてゆく。朝と就寝前は私の役目、夕方は家内の役目。
ゲージから出し、エレベーターで1階に連れて行き、約40分ほど散歩する。
それから、2階のリビングのゲージで食事、睡眠。家の中も、外部も土足である。
靴も履かないから汚れたまま、お構いなし、悪いとも思っていない、王子様である。
この光景を観たら、お客様は嫌な顔をするのでは・・・と思っているがどうしようもない。
今更、1階の土間でというわけにもいかない。一度土間に数時間置いていたが、ずっと泣き
続け2階にカムバックさせた。
できるだけ掃除を入念にし、臭いには気を付け、来客時の対応をするしか方法がない。
キャリーが私の家の王子的養子になって約一年、飼う時は私の年齢が年齢だけにどうしよ
うかと思ったが、飼ってよかったと思っている。
仕事のことを忘れられるのは、キャリーと戯れているときだけ、この時間が至福の時間
である。
当然その時間は家内も一緒なので、家内との時間が至福の時間という3段論法も成り立つ。
このようにして49年間家内から離婚されずに今日も無事に過ごしている。
キャリーのおかげである。感謝。
2022.05.22 17:05 | 固定リンク | 未分類
令和4年5月2日 脅  威
コロナからウクライナ、自然の脅威から人の欲望の脅威、
コロナも延々と続き、いつ収まるのか、収束が終息にならないのか。
経済が回復するには、ほぼ終息しか道がないと思っていたが、2波、3波今は7波が来るかも、
この先、なん十波が来れば終わるのか、見通しが立たない。
日本人はマスクが気にならないというが、私などはマスクが苦痛である。
先日、新入社員の研修で話した。
私:西部劇を知ってる?
新入社員:えっ?分かりません。何か劇団ですか?
影の私:(前もみんな知ってると思って話していたら、全く単語が分からなかったという
     苦い経験があったので、最近は、単語を知っているかどうかを確認してから話す
     ことにしている。)
     (西部劇も死語になっているのか。仰天。)
私:インデアンは知っている?
新入社員:それは知ってます。
影の私:アメリカの開拓時代の話で、東部から西部に開拓が進むにつれ、土着のインデアン
    との抗争やアメリカ人同士の争いや家族の物語などを描いた映画を西部劇と言っ
    ている。
    私の若い時代、そのヒーローに夢中になったものだ。
    劇の中でならず者が出てくるんだけど、そのならず者はほとんど顔をハンカチを
    三角に折って顔を隠しているんだ。
    何故だと思う?
新入社員:顔を知られたくないから。
私:その通り、顔が分かったら、指名手配になりやすいから。
  今、我々はマス久をして、ならず者と同じスタイルで営業している。
  このならず者スタイルではお客様に我々自身をよく知ってもらう事が難しい。
  マスクを外せないけど、それに代わるアピールポイントを相手に分かってもら
  わないと仕事上の効果、効率が悪くなる。
  このことを日本人はあまり気づいていないし、気に留めようともしない。
  国もマスクを外さないように指導する。
  これがいいことなのか、悪いことなのか。
  いいことも悪いこともあるが、ある基準に達せば通常運転にすべきと私は考え
  ている。
  ただ、今は他人から指摘するような行為をしてはいけない。しかし、自分の
  好印象度をどのように演出するか考えて欲しい。

コロナという自然の脅威が経済を小さくしている。
要注意である。

ウクライナ。これは人の人災による脅威である。
屁理屈をつけて領土拡張を正当化する。
プーチンは恥を知れ、論語を読めと言いたい。
ロシア正教も本当のキリスト教に立ち返れと言いたい。
この横暴を止められない世界も嘆かわしい。
国際連合も、国際仲裁裁判所も無力。
原子力爆弾を持てば、横暴が許される。
早く、ウクライナが元の状態に帰らないと本物の経済の回復のスタートが切れない。
死に物狂いで頑張っているウクライナを支援しないと次の夜明けが来ない。
令和4年4月2日 この頃
ウクライナとロシアの戦争、戦争をしたくもないのに勝手な理由をつけて踏みにじられる。
毎日毎日のテレビのニュース、ロシアの行状に腹立たしくなります。
自分の家にならず者が突然やってきて、家の中を壊したら、相手を叩きのめすくらいの抵抗を
するのは当然だし、自分の家でなくて知り合いの家にそういう事が起きたら、一緒に戦うのは
普通だと思う。
第三次世界大戦の危険性があるから、支援の枠はここまでと決めているようであるが、果た
してこの方法が正しいのか、弱い者いじめが起きている現場を目にしながら、直接的に
助けられない。何かモヤモヤする昨今状況です。
専制国家、独裁国家、ロシア、中国、北朝鮮、シリア。原子力爆弾を持っているから、大量
化学兵器を持っているから、腫れ物に触らないように、刺激しないように、付き合う。
ますます、つけあがる。
何とかできないものかと思う。早く、ウクライナの勝利で戦争終結してもらいたい。

エネルギー価格が上がる、全ての商品、サービスが値上げラッシュになる、購買力が落ちる
ほど値上がりすれば・・・・超危険な気配です。できるだけ値上げをせずに、購買力を維持
できるようにしなければなりません。苦しい時はみんなで助け合ってしのがないといけま
せん。

満開の桜、世の中は暗い表情だが、満開の桜の下は、何か晴れやか、うきうきする。
豊前の中原という場所に、紅枝垂れ櫻が満開になっているというニュースがあり、早速
先日の休日に観に行きました。
場所が分からないものだから、豊前市役所に電話し、道順を調べ、到着。
運よく、枝垂れ櫻の並木を作った人に出会う。京都の平安神宮の苗だと聞いて感激。
というのも、平安神宮の裏には、立派な庭園があり、桜と池の佇まいが抜群なのです。
そこの枝垂桜も見事で、桜の季節にはいつも観に行きたいと思っていました。
その桜が豊前にあったのですから感激です。
平安神宮と趣は違いますが、ボリュウムだけなら豊前が勝っています。
2022.04.03 19:00 | 固定リンク | 未分類
令和4年4月10日 国の仕組みと国家元首
ウクライナが大変な事になっています。21世紀に公然と侵略戦争が行われ、それを世界
が止められないようなことが起きるとは驚愕です。それも世界のリーダーであるべき大国
がするというのですから・・・。
軍事力特に核を保有していれば、それを脅しに使い他の国まで蹂躙できるという悪の前例
を作りました。   
国際連合など何の役にも立たない。失望です。もともと常任理事国に拒否権があること
自体おかしいと思っていました。
世界は大きく国民が主体者である民主的な国家と独裁者が主体の専制主義的国家の2つに
分けられます。
それぞれに長所、短所があり、どちらがいいと断じることは難しいのですが、専制国家の
方が方針決定が早く、実行力もあり、いいように感じられます。しかし、その時は国家
元首の性格、価値観、倫理観、世界観などの人間品質が超重要になります。
今のロシアのプーチンなどは史上最悪の専制君主になります。
未来の歴史の評価では最悪、最低の元首として名を刻まれるだろうと思っています。
このような人物の末路は非常に哀れになるのが歴史の事実です。
彼が今後どのような終末を迎えるのか歴史と照らし合わせながら観察してゆきたいと思っ
ています。
現状のウクライナを助ける方法がないのか、我々にできるのはウクライナに同情を寄せる
だけでいいのか、支援できることはしなければと考えています。
専制主義国家はある時期大いに発展します。国家元首も国民に寄り添い、国民と共に国家
が繁栄します。しかし、国家元首とその取り巻きの私利私欲の政治に傾倒し、国民からの
信を失い、その立場を追われます。その期間は一代でダメになる時、2代、3代に亘るとき
もあります。
歴史ではほとんど腐敗して晩節を汚すことになります。これは人間の性(さが)なんだろ
うと考えています。
その点、国民主権の民主的国家は元首が投票で選ばれ、交代することで、長続きします。
ここでも、国家元首の人間力の差で発展、衰退がありますが、国家が悪政で無くなるよう
な事はありません。
専制主義国家と民主的国家を選ぶとすれば民主的国家の方が長期的繁栄があるはずです。
専制主義国家のほとんどは共産思想であり、我々が中学生のころ教わったソビエト連邦の
『コルホーズ』や『ソホーズ』の概念は夢のような平等で平和な世界でした。
しかし、その後、連合赤軍事件や浅間山荘事件また現在の北朝鮮の悪の行動、中国の覇権
主義、ロシアのクリミヤ併合、ウクライナ侵略など見ると共産思想では国民の豊かさと
平和は危うくなると感じています。
国の仕組みは民主的でないといけませんし、その国の元首は人を大切にする価値観、倫理
観を持ち、私利私欲に走らず、人間力の髙い人物であるべきです。
2022.03.11 15:14 | 固定リンク | 未分類