SDGs

持続可能な開発目標

東宝ホーム 本社SDGs(持続可能な開発目標)

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

特に、ここ近年SDGs『持続可能な開発目標』はよくテレビや雑誌で取り上げられてくるようになりました。
パリ協定の期限の2030年が近づいてきた為でしょう。(ZEHを参照下さい
現代は『人生100年時代』と言われています。東宝ホームは社長メッセージで書いてますように「健康によい家に住み健康を維持する」ことが重要になってきたと同時に「ZEH住宅」の建設を目指しています。
つまり「省エネ住宅」にする事です。これは健康維持と深い関係があります。
全棟長期優良住宅にしたのは、長期にわたり良好な状態で子や孫の世代まで住み続けられる住宅を建てるためです。
それと「丈夫で長持ち」する家を造りお施主様と長いお付き合いをする為です。
「丈夫で長持ち」の家は建て替えも少なくてすみます。
産業は廃棄物も少なくなりますので処理の為のCO2排出も少なくなる事につながります。
最近の新しい取り組みとしてマンションにこのSDGsの考え方を取り入れて実施しています。
今まで東宝ホームが行ってきた家づくりの考え方は、SDGsの考え方と合致する為、SDGsの個々の目標に貢献できると考えています。

すでに行っている活動

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

すべての人に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

これから考えていくべき活動

すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

都市と人間の居住地を包括的、安全、強靭かつ持続可能にする

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

陸上生態系の保護、回復および持続堪能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

SDGs ピンバッジ

東宝ホームの社員は上記写真にあるように『SDGsピンバッジ』を胸に付けて活動しています。
このバッジは『SDGs』取り組んでいることを意味しています。

あなたの街の東宝ホーム