東宝ホーム〜私たちの家づくり〜

ホントの頑丈

丈夫で頼もしい家

東宝ホーム 本社東宝ホーム〜私たちの家づくり〜「ホントの頑丈」熊本地震クラスの地震でも安心な家を

ホントの頑丈

丈夫で頼もしい家

どんなことがあっても家族を守る。全棟、長期優良住宅認定住宅です。
大地に根をはる安定のベタ基礎

東宝ホームのベタ基礎

一戸建て住宅の基礎は、
ベタ基礎・ベタ基礎に見える布基礎・布基礎の3種類が一般的です。
それぞれを比較すると、

布基礎
柱や壁の下の強度を保つ部分のみ鉄筋入りコンクリートで仕上げればいいので、工期が短く、費用が安くてすみます。
建物荷重を線で支えており、基礎の立ち上がりに荷重が集中するため、地盤改良工事をしっかりしないと不動沈下を引き起こしかねません。
地中からの湿気対策にも不安が残ります。
ベタ基礎に比べて、地震の横揺れに弱いと言われています。

ベタ基礎
基礎立ち上がり部と一体で基礎内側も鉄筋コンクリートで仕上げるため、面が安定して荷重を地盤に伝えられ、耐震性に優れます。
デメリットは、鉄筋やコンクリートを多く使い、日数も多くかかるので、価格が高くなることです。
スラブ全体で建物荷重を支えるため、面荷重となり、地震などの大きなチカラが加わったときに一点に荷重がかかりにくく、負荷を分散できるベタ基礎は頑丈です。

ベタ基礎に見える布基礎
基礎内側に防湿シートを押さえる目的のモルタルなどを流し込んでいるだけで、鉄筋が配置されていないため、耐震性や強度は布基礎同様です。ただし、シロアリ・湿気対策はベタ基礎と同じですから、その点は一定の配慮がありますが、基礎との一体打ちではないため、接合部からヒビ割れすることもあるようです。

どんなことがあっても家族の命を守るために、東宝ホームではベタ基礎を採用しています。

地震や台風に強い木材を構造材に

毎年、全国各地で起こる自然災害。いざという時の備えは食料や防災グッズだけではありません。
災害に耐えられる家を持つことが、命を守る本当の備えです。

熊本地震(M7.3)クラスの
地震でも安心な家を

バラつきの少ない品質の構造材

無垢材は長らく日本伝統の住宅構造材でした。しかし、一本一本の強度が違ったり、乾燥収縮が起きたりで、構造体として客観的に評価できません。
また、厚さ6mm以下の鋼材を構造材に採用した軽量鉄骨は、品質の安定・耐久性の高さ・製造コストがあまりかからないなどのメリットがあります。単体の強度は高いので鉄骨は高層建築には向いていますが、季節の寒暖差が激しい日本で、熱伝導率が木の500倍以上もある鉄を構造材で使うメリットはあまりありません。軽量鉄骨工法は、世界的にも非常に珍しい工法なのです。

東宝ホームは、日本の家づくりに適した木材で、かつ寸法安定性が高く、反り割れがほぼおきないJAS認定品の単板積層材(LVL)を構造材に選びました。
木材を回転させながら、約4mm厚に加工した木材を含水率8%ほどまで乾燥させ、複数枚を積層圧着して作られる建材で、反り割れ収縮が起きにくく、住宅の耐震・耐久性能を大きく高めます。
木の良さを最大限生かしながら、無垢材や集成材の持つ弱点、個体による性能のバラツキを克服した構造材です。
[ウッドワン 構造用LVL JWOODを採用]

ご説明ムービー

※音が出ますのでご注意ください。

あなたの街の東宝ホーム