東宝ホーム〜私たちの家づくり〜

ホントの快適

冬はポカポカ、夏はサラサラな家

東宝ホーム 本社東宝ホーム〜私たちの家づくり〜「ホントの快適」外断熱で、暑い・寒い外気をシャットアウト

外断熱で、暑い・寒い
外気をシャットアウト

断熱材の内側の壁内にハイブリッド・エア・コントロール工法で空気を循環させても、
断熱がおろそかだと、冷たい・暖かい空気が家中を覆ってしまいます。
東宝ホームは、ハイブリッド・エア・コントロール工法と相性の良い外断熱を採用。
45mm厚の遮熱面材付ボード断熱材を壁・屋根に、
30mmボード断熱材を基礎内側にL字型に施工しています。
(家の外周をぐるりと断熱材で包み込むイメージです。)

内断熱工法では、

・壁面-綿状断熱材を柱と柱の間に詰め込む

・2階天井-綿状断熱材を天井上に敷き込む

・1階床-断熱ボードを床下に敷く

のが一般的です。

一般的な内断熱工法では、外気の暑さ・寒さが、柱や隙間を通じて室内温度に影響を与えてしまいます。

また、家の構造材である木や鉄の柱は、断熱材に比べると熱伝導率が高い材料です。
内断熱では、外壁と柱、室内空間が断熱材で遮られていない箇所が複数存在するため、外気の影響を大きく受けてしまいます。
エアコンをフル稼働しないと、外が寒いと中も寒い、外が暑いと中も暑いのは、そのせいかもしれません。

あなたの街の東宝ホーム