会社案内・IR情報

地域密着で取り組む住宅メーカー。
安定した経営と確かな家づくりを続け、
快適な住まいを提供いたします。

東宝ホーム 本社会社案内・IR情報社長の月刊Blog
令和4年6月10日 大河への道
月に2回ほどのペースで映画館に足を運ぶ。
漆黒の暗闇、胸に迫る音響、その映画に没頭できる。
考えてみると没頭できる空間や時間の環境はあまり無いように思える。
演劇や映画は限られた時間自分を忘れることができ、その画面の中に入ってしまえる唯一
の没頭アイテムのように感じている。
音楽のライブなども同じようなのであろうが、その方向の趣味も経験もないので、もっぱら
映画時々演劇が自分の趣味といえるものであろう。かといって深い見識もないので、良かっ
た、面白かった、面白くなかった程度の評論しかできない。
高校時代は、吉永小百合の学園物映画に夢中になり、吉永小百合の恋人役が自分であるような
高揚感で映画館を出たものである。
『男はつらいよ』のふうてんの寅さんの様ないつも片思い、相手は天下の吉永小百合で
あるので、当然と言えば当然なのであるが、映画館を出た時は小百合の恋人、少し経てば
相手は雲の人。
まさに片想いの 車 寅次郎 そのものであった。
先日の休みも二日間連チャンで映画を観た。
『トップガン』ともう一つは『大河への道』
大河への道は、ぜひとも観ていただきたい映画です。
アカデミー賞で有名になった『ドライブ マイ・カー』よりも数段面白い。
映画のエンターテーメント性なども考慮に入れると私は『大河への道』に軍配を上げる。
内容は、千葉県香取市の観光産業アップのために地元出身の伊能忠敬を売り出そうとする
場面より始まり、売り出すための手段として、NHKの大河ドラマに『伊能忠敬物語』を取
り上げてもらおうという内容である。
日本地図を完成させたのは伊能忠敬が死んだ後なので、完成日と死亡日のつじつまが合わ
ない所から、劇が展開し、笑いあり、涙あり、少しハラハラする場面あり、テンポもよく、
出演者の演技力も秀逸。
中井喜一、北川景子、橋爪功、松山ケンイチ、平田満、西村としひこ、
演劇であればスタンディングオベーション、間違いなし、カーテンコール3回はあるはず
の映画です。
是非とも劇場で鑑賞してもらいたいと思っています。
尚、原作は落語家の立川志の輔さんです。
2022.06.10 11:07 | 固定リンク | 未分類