会社案内・IR情報

地域密着で取り組む住宅メーカー。
安定した経営と確かな家づくりを続け、
快適な住まいを提供いたします。

東宝ホーム 本社会社案内・IR情報社長の月刊Blog
令和3年1月20日 令和3年正月
今の時期になって、明けましておめでとうございますもおかしいのですが、本年もよろしく
お願いいたします。
コロナ、緊急事態宣言発出、医療崩壊、飲食業界に6万円支給、大丈夫かなと不安になります。
今になって後悔しても遅いのですが、Go Toトラベルなどをやるべきでなかったと思って
います。
決断というのは中途半端にしてはいけないと、社員に言っています。
行くか止めるか、黒か白か、しかし人間という動物は真ん中の方法を選ぶ習性があります。
注意して行けとか、黒でも白でもない灰色の決断をしがちです。
真ん中の決断が一番対応力があるように見え、その方向を選ぶ傾向があります。
今回のGo Toトラベルも8200万人、日本の人口の70%弱が利用している計算です。
ダブっての利用者が多いのでしょうが、この影響が今の蔓延に繋がっています。政府は蔓延
のエビデンスは無いと言っていますが、逆のエビデンスもなく、中途半端な決断の結果が今
の事態だと思っています。
結局、灰色の決断は対応力がある反面、覚悟がないから失敗するのでしょう。
今は、全国民が自粛し、移さない様に、移されないように注意することしかありません。

我が家の愛犬キャリーが、元日の早朝に亡くなりました。
28日に再入院し、30日に正月のため、自宅に連れて帰りました。
先生から体力が持つかどうかと心配の言葉を頂きました。病院にいると病人らしくなります
ので、自宅なら元気を回復するはずと信じていました。
我が家の居場所に寝させると、病院と違った雰囲気になり、元気を回復してくれるように思え
ました。
心配なので、31日はキャリーの近くに、つまり玄関に寝て、午前3時半ごろトイレに連れて
行こうと抱えたのですが、足に力が入らないので、もう一度寝床に戻してあげました。
7時に目覚めるとキャリーが寝床から半身をのりだして横たわっていました。
夫婦で、キャリーの名前を呼び、涙、涙・・・でした。10歳7か月。
夫婦の真ん中にキャリーがいて、キャリーも二人がいるから安心して、キャリーがいるから、
旅行や移動に制限は受けていたけど、我が家の中心人物がいなくなったのはとても悲しい
出来事でした。
リードや首輪は捨てられず、キャリーがいたところに置いています。
写真を観ては偲んでいます。

キャリーやコロナ、いろいろなことがありました。色々あるのが人生だと中村天風も言って
います。
この色々を乗り越えてよき仕事の完成を目指してゆかねばなりません。
2021.01.21 16:57 | 固定リンク | 未分類

あなたの街の東宝ホーム