会社案内・IR情報

地域密着で取り組む住宅メーカー。
安定した経営と確かな家づくりを続け、
快適な住まいを提供いたします。

東宝ホーム 本社会社案内・IR情報社長の月刊Blog
令和2年11月5日 犬好き
爬虫類以外の動物は概して好きである。
中でも、犬は私の人生のそばに寄り添っている。
今の犬の名前はキャリー、犬種はキャバリア、イギリス原産の犬である。体重は10キロほど、
最近まで14キロあったのであるが、体を悪くして4キロほど体重が落ちた。
前の犬の名前もキャリー、犬種もキャバリア、姿、形もよく似ている。
前の犬、キャリーⅠ世は10歳5か月で天国に旅立ち、寂しいので、すぐに今のキャリーⅡ世を
飼った。
今のキャリーⅡ世は10月10日で10歳5か月。今は6か月目の寿命を生きている。
キャバリアという犬種は、心臓が弱いDNAがあるようで、前の犬も今の犬も心臓病の薬を
常用している。
2か月ほど前から、食事を食べなくなり、調べてみると腎機能が非常に悪く、数日入院し、
その後点滴による治療を続けている。
前のキャリーの寿命を超えてもらいたいと願っていたが、何とかクリアーをし、ほっと
一息付けているのが、今の心象風景である。
週6回の点滴が、3回や2回に減るといいのであるが、まだその見通しはない。
お医者様の指示通りの治療を続けるつもり。
私の年齢で、次の犬を飼う自信はないので、何とか長生きしてもらい一緒に暮らせる日を
長くしたいと願っている。
家内は犬に興味はなかったのであるが、結婚以来いつも犬と一緒の生活なので、私以上に犬
好きでなおかつ、犬は私よりも彼女を主人と思っているらしく、言葉をよく聴こうとする。
私はキャリーにとっては主人でなく友達のような感覚で私の指示にはいやいやの感じである。
犬の年齢は、大まかに1年で6年といわれているので、キャリーは私より少し若い年齢で、
いずれ近いうちに私を追い越してゆく。いつまでも元気でいてほしいと願う毎日です。
2020.11.06 11:24 | 固定リンク | 未分類

あなたの街の東宝ホーム