会社案内・IR情報

地域密着で取り組む住宅メーカー。
安定した経営と確かな家づくりを続け、
快適な住まいを提供いたします。

東宝ホーム 本社会社案内・IR情報社長の月刊Blog
令和2年5月24日 新しい生活様式
コロナの緊急事態宣言も解かれ、日常を取り返す動きが徐々に感じられるこのごろです。
しかし、コロナの恐怖、あるいは別の感染症、災害、災害の避難などを改めて考えなければと
いう社会認識が生まれつつあります。
リモートワークや時差出勤、働く内容に応じた仕事スタイル、社会での伝達手段は様変わりに
変わってくると思います。便利になると思います。その反動で人間回帰も見直されるのでは
ないかとも思います。3密とは逆の人間の体温を感じるコミニュケーションも大切だと感じる
動きも出てくるような気がします。
どちらも大切で、でも、どちらかというと体温を感じるような付き合い方が大切だと私は
思っています。
何かの媒体を使った言葉や仕草で内容は伝わります。しかし、内容に命を吹き込むにはや
はり熱量が必要で、それも高い体温で伝える熱が必要と思います。
技術や知識も合理的に理解できる手法はあります。それを自分の物にするには、師匠と
弟子、コーチと選手の様な一体感のある、体温を感じる密接な関係でないと完成しない
ような気がします。
分かったのと出来るは、全く違うといいます。
分かるのはデジタルで習得できますhが、できるというのはアナログの世界の様な気が
してなりません。やはり、私は『根性論』の古い人間なのでしょう。

以前にも言いましたが、大都市の一極集中化をそろそろ改善しないといけないと思って
います。
社会の運営機能を一か所に集中すると便利ではあるのですが、災害、災難の時の対応力に
支障をきたします。
政治経済の司令、これこそリモートワークでできるもので、体温など必要ありません。
体温があると、忖度とかえこひいきとかが発生しますので、数理的に処理すればいいので
一極に集中必要がないと思います。
地方に分散することで、地方の活性化にもつながります。
今回の、大阪の府知事の対応のスピード感、現実的対応策などみるとますます、地方の
優秀な人材の活用を使う重要さを認識します。
逆に、都会の中心にいる官僚は国民をみずに、自分の出世や将来に直接影響を及ぼす、
政治家や上役に目がいっている気がしてなりません。
2020.05.24 14:48 | 固定リンク | 未分類

あなたの街の東宝ホーム