会社案内・IR情報

地域密着で取り組む住宅メーカー。
安定した経営と確かな家づくりを続け、
快適な住まいを提供いたします。

東宝ホーム 本社会社案内・IR情報社長の月刊Blog
令和元年9月28日 風 景
世の中は今まで経験していなかったことが次々起こります。
千葉での台風被害、首都に近い千葉で長期停電が続くのか、被害状況が全く分からない。
何故?田舎の山奥ならそのようなこともありうるかも・・・と思ってしまいますが、
首都圏近い場所で、というのは意外を超えてショックでした。
これが現実だと頭を叩かれた思いです。
そのほか、いろいろな事件、会社のトップの給与不正受給、関西電力の賄賂まがいの
事件。
社会の規範が崩れています。恥という概念がなくなってきてるように感じます。
隣の韓国でも恥という概念がなくなっているようです。
恥は法律で云々することでなく、法律以上の人間としての規範から生じると思っていま
すが、今の世の中は、法律で許されれば、OK。
これでは、本当の偉人や英雄は出てこないのではと危惧しています。
恥という心がなければ、相手を感謝するという心もなくなる。
何とかしたいと思いますが、何ともならない、どうしようもできない、自分の器の小ささ
に、苛立ちます。

話は変わりますが、黒色をメインにし配色した建物が増えてきています。
私どもの建物でもそのような建物があり、設計に私の考えを伝え、検討するように指示して
います。
黒色の建物のストリートは町全体を暗い雰囲気にしてしまい、違和感を覚えます。
お客様の好みだから、指示だからという事で黒色を選んでいるのですが、それでいいのかと
疑問を投げかけています。
建物は30年、40年と建ち続けるわけです。
いわば風景になるわけです。
青い空、樹々の新緑、紅葉、季節を彩る草花の鮮やかな彩色・・・これが風景の元。
この風景に黒色が合うのかどうか、流行だから、お客様が言うからで決めていい問題なのか。
設計者としての矜持、哲学を伝え、その方の家も、街風景も作る。
これが個人住宅設計者、風景を作る設計者の仕事と思います。
自分の家が周囲の風景になるとならば、黒色という選択は無いと感じていますが・・・。
私の考えが間違っているのでしょうか。
私などは忍者屋敷のような家並みが続けば、危険を感じ、そこから早く立ち去ろうとします。
季節の花花と家並み風景がマッチしていれば気持ちよく散歩したくなります。

人間はついつい、流行だからという理由で変な方向に向かう場合もありますが、社会の規範
秩序、普遍的な倫理を再度勉強しなければと思います。
社員個々が、人間としてのがっちりとした背骨を持ち、流行に惑わされることなく、堂々と
歩けるようになればと願っています。
2019.09.28 04:42 | 固定リンク | 未分類
令和元年9月5日 地球温暖化
日本国内もあおり運転や子供の虐待など嫌なニュースが続きます。
外国でも、北朝鮮のミサイル、韓国と日本の争い、アメリカ・中国の関税にかかる諸問題、
イギリスのEU脱退めぐる混乱、中東ホルムズ湾のタンカー拿捕、ブラジルの大火災・・・
時代が変わってくる予感を感じます。今まで話し合いで解決した事柄がそれぞれの立場のみ
主張し、相手の状況を斟酌しないようになってきました。
冷戦が終わり、これで世界観の統一が促進され、地球的常識が形成されてゆくのかと期待
していましたが、まったくの逆行です。
アメリカの力が落ち、全体に平均化しつつあり、平均化したら良い方向に向かうとのが理屈の
ように思っていましたが、結局はわがままを言いたい放題。
国同士が締結した条約も、以前の責任者の時だから守る必要はない。
韓国との条約もそうですし、温暖化に対して約束していたこともトランプ大統領が破棄する。
それに対して罰則もない、誰も異議を唱えない。
ブラジル、アマゾンの大火事もナショナリズムの一端のようです。
自国の産業発展のため、原生林を農耕地にするため、そこに暮らす人の気持ちを考えれば
それが悪いとも言えません。
でも、これほどの無計画な焼畑耕作のために、地球が変質する。

十数年前に「Day  After  Tomorrow」という映画を観ました。
地球温暖化の被害を訴えた映画で、カリブ海に巨大ハリケーンが2個同時発生。
それにより、竜巻、洪水、津波のような高潮、冬には異常降雪、ビルが雪で埋まってしまい
そこに救出に行き、家族は何とか助かるといったストーリーでした。
温暖化により、地球環境が大変になるという警鐘を鳴らした映画でした。
その後、永久凍土が溶けたり、北極海の氷山が溶解したりいたしました。
それから、わが国では異常高温の夏、ゲリラ豪雨、異常降雨、河川の氾濫、冬は冬で異常
降雪・・・。
明らかに地球が変わってきていることを実感します。
やはり、地球の温暖化を世界全員で取り組まないと地球の寿命が尽きる前に、地球人が
破滅するに思えます。

文明の発達をある程度に押さえ、『足るを知る』ような価値観を作らないと人間が私利私欲の
ために暴走する気がいたします。

住宅にしても、温暖化貢献するようにしないといけません。
昔、庭木を植えましょう、それが温暖化には重要ですと言われました。
でも効果がないことはないと思いますが、それほど期待できません。
それは温暖化にはそれほどでなく、快適な住環境の創造のために必要です。
自然エネルギー、今なら、太陽光発電。これも推進しなければなりません。
住宅の性能の向上、外部環境の影響をできるだけ受けない住宅。光熱費が削減できるはず
です。住宅自体の性能で光熱費が削減できる。ここも重要です。
いろいろ機械仕掛けで住宅性能を上げている会社もありますが、機械仕掛けを作るために
CO2を排出しているのでいたちごっこ的に思えます。
そして、構造材に何を選ぶべきか。
住宅の構造材は、木と鉄とコンクリートがあります。
コンクリートは大型建築物に造るには必要です。木ではできない分野だと思います。
鉄で造る住宅もあります。鉄は鉄鉱石を高温で溶かし、加工して利用します。
鉄で造らないといけないものは鉄で造るべきと思います。
大型船舶やタンカーなど鉄で造るべきです。
でも、住宅を鉄で造るというのには、少し違和感があります。
再生可能の木材で造ればよいのでは・・・と思っています。
木造住宅の耐久性能、耐震性能は飛躍的に向上し、またその性能を確認できる方法も
あります。鉄骨の強さと同等以上の性能を有する木造住宅も沢山あります。
日本には強さの象徴は鉄だという神話がありました。
でも、その神話はいろいろな材料で代替できるようになっています。
木材もその一つです。
住宅を木材で造るという選択肢も地球を守るという事になるような気がしています。
2019.09.05 04:41 | 固定リンク | 未分類

あなたの街の東宝ホーム