会社案内・IR情報

地域密着で取り組む住宅メーカー。
安定した経営と確かな家づくりを続け、
快適な住まいを提供いたします。

東宝ホーム 本社会社案内・IR情報社長の月刊Blog
令和3年9月5日 濃厚接触
3密、人流抑制、ソーシャルディスタンス
昔の日常にこんな言葉はありませんでした。
コミニューケーション、コンタクト、出会い
昔の日常はこんな言葉で溢れていました。

顔と顔を会わせて話さないと伝わらないだろう、こんな言葉を言われお客様と面談して
いました。
今は、会わなくてもリモートでできないのか、その方が効率的だろう。
移動時間、距離を考えると効率的かもしれないが、効果という要素を加味するとどうかな
と思います。
困った世の中になりました。
飲食、旅行関係の被害が一番多いようですが、いずれ全業種が被害を受けるようになり
ます。
唯一、ネット販売ができるところは景気がいいかもしれません。
人間が社会的動物なら、人流抑制は無理な環境で、長続きできないと思います。
一日も早く、昔の日常に帰れるようにしたいものです。
政治も仕事も似たようなところがあり、白黒はっきりしない、どちらにも都合よく、どちら
にも方向転換ができる決断、フレキシブルな方法をとると安全性が高いと思われがちです。
その時その時の状態の変化に合わせて変化できる。白でもない、黒でもない、グレーの
方法をとる。
安全が高いように思えますが、中途半端な分だけ危険が多い、決断の覚悟が甘いので、
手段が手ぬるい。
白なら白で、メリットデメリットがある。その対策を入念に行う。
物事の進行は偏っているように見えますが、この方がいいように思えます。
白か黒か、この方向を決める時だけは慎重に、入念にする。決まればその方向で対策する。
今の政府のやり方はグレー的発想が多く、最初は耳に心地よいが、いずれ塗炭の苦しみを
国民が受ける。
もうちょっとはっきりしてくれと言いたくなります。

本題です。
今は人との濃厚接触はできませんが、我が家の愛犬『キャリー』とは毎日毎日、濃厚を通り
越して、濃密接触です。
現在5か月、我が家に来て3か月、今は我が家の王子様です。この王子様はやんちゃですが、
すごく愛嬌があります。乳歯が永久歯に変わり、これから乳児から少年になるところです。
動物病院の先生に、乳歯が落ちている所を見ないのですが、どこに落ちでいるんですか?
と問うとほとんど飲み込んでしまい、胃の中の胃酸で溶けてしまうそうです。
私の帰る車の音を聞き、哭いてくれるし、ゲージの扉を開けると飛び掛かってくるし、
手を噛むし、時々はおもらしもするし、家の巾木はかじるし、大変ですが、とても楽しい
日常です。コロナで人と会えない分キャリーが埋め合わせをしてくれています。
ただ、この犬ももう少しすると私のちょっかいが煩わしくなり私を相手にしなくなると
家内が言います。
1月に2代目キャリーが亡くなり、どうしようかと迷いましたが、5月に3代目キャリーを迎え
充実の日々です。
キャリーと濃厚、濃密の日常物語です。
2021.09.05 19:28 | 固定リンク | 未分類

あなたの街の東宝ホーム