会社案内・IR情報

地域密着で取り組む住宅メーカー。
安定した経営と確かな家づくりを続け、
快適な住まいを提供いたします。

東宝ホーム 本社会社案内・IR情報社長の月刊Blog
令和2年7月23日 羽鳥慎一 モーニングショー
職種に合わせた勤務体制をとってから、1年くらいになります。
営業系の人は、10時から19時、その他の人は9時から18時に勤務。
私は、営業系と同じ勤務体制にしているので、10時出社です。ですから、朝のモーニング
ショーを一部分見ることができます。
コロナが発生してから、羽鳥慎一モーニングショーは、ほぼコロナ中心で放送しています。
世間にコロナ警鐘を流しており、とっても目の付け所よいと高い評価をしています。
コロナ解説者に白鳳大学の岡田晴恵教授という方がほぼレギュラーで出演しており、非常
に的を得た評論解説をしています。現在の状況説明だけでなく、これからこのように動き
そうであるから、このように手を打つべきと指針も与えてくれます。
岡田先生と、政府の専門家委員会、分科会、そして政府の方針には違いがあり、なぜ岡田
先生の指摘通りに政策を考えないのか、イラっとすることがあります。
岡田先生を専門家員会のメンバーに加えればもっと違った方法でコロナ対策ができるので
はと思います。
今まで、岡田先生の指摘通りに悪い方向に行っていますので、早く委員会メンバー構成を
やり替えるべきと思っています。
政府の方も失敗したら、失敗を認め、早く方向転換をしないとますます泥沼に入ってし
まう危険を感じています。
委員会も政府もメンツが落ちるのを恐れ、失敗を隠そう隠そうとしているようにしか見
えません。
誰でも失敗はありますし、特にコロナなどは未経験の領域ですから、メンツなど考えず、
下役の人の意見も、別医療関係の意見も素直に取り入れるべきと思っています。
ある時、岡田先生が医療業界は権威主義があり、なかなか物が言えない雰囲気があると
漏らしました。方針が変更できない根本原因のように感じました。
政治の世界も同じような気がいたします。
このような硬直さがはびこればいい方向にはいきません。
目標をはっきり示し、全員が納得し、現実的対応を取る。理想論ではだめです。
失敗はあっても失敗を責めない。
ミスの上塗りを防ぐ。一人のヒーローを作らず、チームでの勝利を目指す。
中国の古典の言葉に、『過(あやま)ちて、改(あらた)めざる、これを過(あやま)
ちという。』
失敗を恐れず、ほぼ全員が賛同する施策なら、勇気を出して、政治家や上役の顔色
など気にせず、実行すべき。恐れるべき人は政治家でなく、国民です。
2020.07.20 20:34 | 固定リンク | 未分類

あなたの街の東宝ホーム