東宝ホームの家づくりデザイン・ブランド高断熱ZEHの家「試住」サービスTV-CM&映像会社案内

高断熱ZEHの家

トップページ>高断熱ZEHの家

ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)とは?

ZEHとは一般的には、太陽光発電などの創エネと住宅の高断熱性能に加えて、省エネ設備、HEMS、蓄電池などを組み合わせて、発電量がエネルギー消費を上回る住まいをいいます。

国が掲げる目標

政府は2020年までに住宅についてZEHを標準的な新築住宅に、
2030年までに新築住宅の平均でZEHにする事を目指しています。

  • 高断熱ZEH
    → 冷暖房設備は補助的に利用。
  • メカZEH
    → 冷暖房設備を最大限に利用。

高断熱ZEHの東宝ホームの家は、断熱性能の高い家にするために優れた断熱材で家全体を覆う外断熱工法の夏涼しくて、冬暖かい家、冷暖房などの消費エネルギーを減らすことができます。

断熱材は優れた性能を発揮する画期的な硬質ウレタンフォーム「キューワンボード」採用

板状断熱材(キューワンボード)で構造材(土台、柱、梁等)を外気から守り、家自体の耐久性を高めて、室内の温熱環境を良くします。

二重屋根構造の屋根断熱

屋根裏の外側を断熱して外気温を遮断し、室内温度を保ちます。さらに二重屋根構造で、夏場の高温屋根裏をなくし、天井裏にロフトなどの設計ができます。

基礎断熱と年中一定温度の地熱を有効活用

東宝ホームの床下は室内です。年中一定温度の地熱を有効活用します。外部気温に影響されない床下環境を造り、その空気を壁の中に通気する事で、夏はサラサラ涼しく、冬はポカポカ暖かくなります。

スイッチひとつで壁内通気を簡単切り替え、東宝ホームの外断熱エア・コントロール住宅

東宝ホームはしっかりした外断熱工法に加え、夏場の湿気・蒸れの対策を備えたエア・コントロール住宅なので二層の壁内外通気層の総排気・空気循環効果により湿気・蒸れを発生させません。

つまり、東宝ホームの家は、断熱性能が優れているので、太陽光発電などの最低限の設備でZEHを実現できます。

ZEHの家にするには創エネルギーとして太陽光パネルを載せます。

世の中には様々な発電システムがありますが、一般的には太陽光発電が最適です。一般的なハウスメーカーですと太陽光パネルと、その他の様々な設備が必要です。しかし東宝ホームは断熱性能が優れているので、太陽光パネルと基本設備を搭載するだけでZEHの家になります。

高性能省エネ設備やエネファーム、たくさんの太陽光パネル、蓄電池などのぜいたく機能をつけなくても、東宝ホームは本来の断熱性能が高いため、建物本体にZEH仕様が備わった高断熱ZEHの家なのです。

ZEHをたのしく学べるマンガ『失敗しない家づくり 高断熱ZEH(ゼッチ)編Vol.1』をプレゼント!

パンフレット請求はこちからから

すでに取組を始めております、当社のZEH対応の実績と目標をご報告致します。
【当社ZEH普及率】
 2016年度(2016年4月〜2017年3月)実績  21%
 2017年度(2017年4月〜2018年3月)目標値 28%
 2018年度(2018年4月〜2019年3月)目標値 32%
 2019年度(2019年4月〜2020年3月)目標値 41%
 2020年度(2020年4月〜2021年3月)目標値 50%

お問い合わせ・資料請求