東宝ホームの家づくりデザイン・ブランド高断熱ZEHの家「試住」サービスTV-CM&映像会社案内

住まいのお役立ち情報

家づくりの基礎情報

トップページ住まいのお役立ち情報>家づくりの基礎情報
資金計画

住宅購入に必要な費用

住宅の購入に際しては、まず自らの予算をしっかりと把握しておきましょう!

住宅ローン(金利のタイプ)

住宅ローンを選ぶ際、一番と言っていいほど重要になってくるのが金利のタイプです。住宅ローンの金利タイプには、固定金利型、変動金利型、そして固定金利選択型の3つのタイプがあります。

①固定金利型(全期間固定型)

契約時点で、借入期間中の金利がずっと続く、フラット35(住宅金融支援機構)に代表される金利タイプ。 将来の返済内容が確定しているので、ライフプランが立てやすく、家計管理はしやすい。一般的に変動金利タイプより、金利が高めに設定されています。

②変動金利型

金融情勢によって返済金利が変わる銀行ローンに代表されるタイプ。 通常、1年に2回金利が見直されるため、金利変動の影響をストレートに受けます。多くの銀行では、毎月の返済額の改定は5年毎、かつ改定後の返済額が従前の1.25倍以内というルールを設けています。

③固定期間選択型

借り入れ当初から2年、3年、5年、10年などの期間を設定し、その間は固定金利で返済額も金利も変動しないタイプ(銀行ローン)。 設定期間の終了後は、変動金利型や固定金利選択型を選ぶことができ、その時点の金利で、その後の毎月の返済額が再計算されます。

最適な金融機関は?

どこの金融機関の条件が良いか、利用者のご希望や条件にもよりますので、一概には言えませんが、

  1. 金利の確定が、資金の実行時(建物完成表示登記後)である金融機関
  2. 金利の確定が、申込時及び実行時のいづれか低い方の金利適用金融機関
  3. 融資利用のチェックポイント
    • 長期固定の利用か、固定期間タイプ利用か
    • 選択固定期間終了後の優遇金利幅と、固定期間後の残債額に対する返済方法
    • オール電化(ガスも有り)の金利優遇適用金融機関かどうか
    • その他の金利優遇条件(子宝/ビッグファミリー等)の有無
    • 返済負担率等による融資額の幅(多く借りられる金融機関の選定/比較)
    • 保証料の選択肢
    • 火災保険料の選択肢

等々、ポイントは多く有ります。
お客様のご希望、条件に照らして、最適な金融機関をご紹介いたします。

お問い合わせ・資料請求