安定した人生に新しい住まい方土地の有効活用高需要の戸建賃貸安心経営東宝ホームの総合力

戸建賃貸は、供給不足で賃貸収入も安定。

東宝ホームの賃貸経営トップ>戸建賃貸は、供給不足で賃貸収入も安定。
近年、「戸建賃貸派」はますます増加しています。
賃貸物件の中で戸建賃貸の割合はわずか1.4%にしかすぎません。しかし、実際には全国平均で77.7%、地方圏では81.2%(国土交通省 平成17年度土地白書)の人が戸建賃貸に住みたいと考えています。アパートやマンションでは、駐車場の確保や駐車場代、子どもが遊べる庭や隣接戸との騒音問題を考えると、戸建の人気が高いのが頷けます。入居期間が長く老朽化しても需要がある戸建賃貸は経営の安定にもつながります。  

8割の人が戸建に住みたいと考えています

マイホームで私的年金を手に入れる。

度重なるニュースで年金への不安は高まるばかり、住む×貸すなど色々な選択肢が出来るDuOはそんな不安を解消します。どうなるか分からない年金を待つのではなく、将来の社会環境に対応し私的年金を得ることが出来ます。

太陽光発電を搭載して安定+αの賃貸経営も

10kW以上搭載すると、買取期間が20年間に。

「全量買取制度」が、平成24年7月からスタートしました。社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させていくため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、平成24年7月1日から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。これは、太陽光をはじめとする自然エネルギーで発電した電力を、電気事業者に一定の期間・価格で買い取ることを義務づけるとともに、再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者がそれぞれ使用量に応じて、「賦課金」(サーチャージ)という形で電気料金の一部として負担するという制度です。これに伴い従来の余剰買取制度に加え、自前の設備であっても発電した電力は一旦全て買い取られ、自家消費分の電力は別途系統電力で賄う全量買取制度が日本で初めて導入されました。  

■平成26年度 再生可能エネルギー(太陽光)の固定価格買取制度

■太陽光発電システムを10kW以上搭載すると、全量または余剰の買取方式を選ぶことができます。

このページのトップへ