東宝ホームの家づくりデザイン・ブランド高断熱ZEHの家「試住」サービスTV-CM&映像会社案内

東宝ホームの家づくり

ホントの快適

温度のバリアフリー

ヒートショック減少

家庭内事故として脳卒中や、心筋梗塞が多いという事実。

暖かい部屋から冷たい部屋へ…。急激な温度変化に身体がさらされると血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすことがあります。これがヒートショックです。どこの部屋へ行っても温度差が少ない室内を造れば健康に暮らすことができるのです。

ヒートショックにご注意!!

どこの部屋へ行っても温度差が少ない!

※浴室温度10℃の場合

足の裏は敏感です。床材のヒンヤリ感を解消しましょう。

断熱方法

■代表的な材料の熱伝導率一覧表 平成24年3月現在

隙間の生じる施工では、保温ができません。綿状断熱材は要注意。

断熱欠損が起きない、施工方法を選ぶ事が肝心です。綿状断熱材の場合、隙間部分から結露が生じ、内部腐食の原因になる場合があります。

構造材はできるだけ蓄熱体で造る。

鉄骨等の放熱体では快適性を維持するのが困難です。東宝ホームは、蓄熱体の木が構造材、断熱材は遮熱面材付硬質ウレタンフォームアキレスの「キューワンボード」を採用しています。

鉄骨の放熱体では快適性が維持しにくい!

屋根裏環境

外気熱を断熱し、空気の流れを作ることで、室内だけでなく屋根裏部屋(ロフト)まで温めることができます。部屋中の温度を一定にして快適な住環境を実現します。さらに地熱を活用して、夏も冬も冷暖房費用を抑えることができます。

空気と地熱をコントロールするハイブリッド・エア・コントロール住宅

屋根断熱でロフトも快適!

リビングからロフトまで快適です。

部屋間温度差、上下間温度差をなくせば、病気発症が少なくなり、足元の冷たさも激減します。

お問い合わせ・資料請求